ホームホワイトニングおすすめランキング

当サイトはクリニックに行かなくとも自宅で手軽に実践可能なホームホワイトニングの専用アイテムを紹介しています。自宅といってもクリニック仕様のホワイトニング成分を配合しているから効果は確かなものです。

  • 歯の黄ばみ
  • 歯の汚れ
  • 芸能人のような歯の白さが欲しい

そんな方にホームホワイトニングはおすすめです。どうぞ参考にしてください。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、1日たった2回行うだけ!簡単手軽にホワイトニングが行える薬用ジェルになります。歯の汚れ、着色に働きかけるポリアスパラギン酸・リンゴ酸・ビタミンCを配合しています。さらに、歯の健康を維持するためのアラントインやキシリトールなども含まれており、虫歯の予防にも効果的です。当サイトより今なら初回40%OFFで購入できます。30日間返金保証もついてます。

 

!

ブラニカは、ステイン除去率80%を誇るホワイトニングジェルになります。独自の有効成分凝縮ポリリン酸ナトリウムをたっぷりと配合しており、しつこい着色汚れもごっそり落とし歯の本来の白さを取り戻します。また、マスティックやビタミンEなども含まれており、口臭と虫歯予防などにも効果が期待できる歯磨き粉型ホワイトニングジェルです。

 

!

PGホワイトニングProは、再生医療の研究から生まれた薬用ホワイトニング剤になります。特許取得の短鎖分割ポリリン酸が含まれており、白い歯へ確実に導きつつ、健康な歯をサポートします。また、口臭予防に最適な天然ブルガリアローズ成分を配合しているから爽やかな香りも演出します。

 

 

ホームホワイトニングの効果

 

白い歯の人は、笑顔がとてもキレイに見えます。笑った時にチラッと見える歯が白くキレイだと、爽やかで清潔感を感じられます。テレビに出ている芸能人はみなさんホワイトニングをされていると思います。歯のホワイトニングは、歯を研磨せずに行うことができます。麻酔も必要ありませんし、施術中の痛みもなく行えますのでどなたでも抵抗なく取り組むことができます。

 

ところが、ホワイトニングに関しては効果が表れるのに個人差があります。すぐに効果を実感できる人もいれば、何度か行ってやっと効果が出る方もいます。絶対に歯を白くできるという保障はないので期待しすぎてしまうと残念な結果になってしまいます。

 

審美歯科でホワイトニングする場合は、だいたい2〜4週間程度続けて行うと効果を実感できます。あまりに白すぎると歯としては違和感が生じますので、ちょうど良い白さにするには評判の良い歯科医院を探さなければなりません。

 

では、ホームホワイトニングの場合は、どのくらいでどのような効果が得られるのでしょうか。歯科でなくご自宅でホワイトニングをする場合、歯科で行うよりも成分濃度が低いため回数と期間が必要になります。ですが、一度行えば元に戻ってしまう可能性が低いというメリットがあります。

 

ホームホワイトニングを行った人の口コミでは、

 

・何度か続けているうちに効果が表れた
・自宅で簡単にできる
・ホワイトニングできるという歯磨き粉よりも全然効果が高い
・歯の表面がツルツルになった
という声が多く上がっています。

 

とにかく早く効果がほしいという場合は歯科で施術を受けることをお勧めしますが、ホームホワイトニングであれば費用も抑えられ、ご自身で好きな時にできるためわざわざ予約をして通うという手間も省けます。歯科で行う場合も自宅で行う場合も共通して言えるのは、その後のアフターケアが必要と言う事です。白くキレイになった歯は一生ものではありません。その白い歯を維持するためにケアは必要になります。

 

ホームホワイトニングの持続期間

 

ホワイトニングしてキレイになった歯は、その後もケアを行わなければ維持することができません。ホワイトニング後の歯はもちろんヤニも茶渋もキレイになっています。それは永遠ではないため、これからつくヤニや茶渋もキレイに取り除かなければなりません。

 

歯のホワイトニングは歯科医院で行うものと、自宅でご自身で行うもの2種類があるというお話をしました。
やっぱり歯科医院で行った方が白さは持続するでしょう・・・と思われがちですが、意外にも持続性という意味ではホームホワイトニングの方が長い期間維持できるようです。

 

歯科医院でホワイトニングした場合、継続期間は3〜10か月前後と言われています。ところがホームホワイトニングの場合、継続期間は6〜12か月前後と歯科医院で施術した場合よりも長く継続するのです。

 

その理由としては、歯科医院でのケアの場合、成分濃度は濃いですが、長時間歯に塗布しておくことはできません。ところがホームホワイトニングの場合、成分濃度が低い分、長時間塗布しておく必要があります。この時の塗布時間が重要で、時間をかける方が薬剤は歯の奥に浸透しやすいからです。その為、ホームホワイトニングの方が実際に薬液が歯に浸透している分量が多くなるわけです。

 

せっかくケアした歯の白さを維持するためには、日ごろのケアも重要です。食後は30分以内に歯を磨き、できれば歯磨き粉はホワイトニング効果のあるものを使用してください。こうしたケアで白さのもちも変わってきます。また、歯科医院でホワイトニングされた方は半年に1回程度、ホームホワイトニングされた方は2〜3年に1度は再度ホワイトニングを行うことが理想です。

なぜ歯が白くなるのか

ホワイトニングに成功すると、今まで黄ばんでいた歯が白くキレイになります。歯茎の近くや歯と歯の間にヤニがついてしまっていた方も、キレイな白い歯になる事ができます。今は芸能人のほとんどが行っていると言われていますが、歯がキレイですと笑顔もキレイになり、第一印象も変わりますよね。ではいったいなぜ歯を白くすることができるのでしょうか。歯が白くなる理由は2つあります。

 

@歯の表面についた色素を無色透明にできるから

 

ホワイトニング剤には色素を無色透明に変換できる働きがあります。過酸化水素水や過酸化尿素がその役割を果たしています。これらの成分から出る酵素は、歯の表面にある色素に反応して無色透明にしてくれるのです。

 

A歯の表面の構造を変える

 

過酸化水素水や過酸化尿素には、エナメル質の構造を変える事ができます。エナメル質の構造が変わる事で、象牙質の色が外から透けないようになります。象牙質の色は一般的に黄みを帯びている為、透けて見えるだけで歯が黄色くくすんでいるように見えてしまうのです。

 

つまり、歯の色自体を白く変色させるというよりは、見た目に黄色い部分を見えなくするという方法です。ただ、本来私たちの歯は若干黄色く見えるものです。それは誰にでも言えて当たり前のことなので歯が黄色いからと言って異常があるというわけではありません。

 

とは言え、やはり白い歯は美しく見えます。どんなにキレイな人でも歯が黄ばんでいたら美しく見えないですよね。ちなみに、歯の黄ばみは加齢と共に表に出やすくなります。私たちは毎日食事したり飲み物を飲んだりしますので、そういったものの蓄積と言えるでしょう。また、加齢によって歯自体が弱って黄色っぽく見えてしまう場合もあるのです。

 

歯のホワイトニングは歯科で行うことができますが、ホームケアであれば忙しい方でも自分のタイミングでできますし、何よりも費用が抑えられます。最近のホームケアセットは内容も充実していますので、是非試してみてください。

 

○歯磨きだけで白い歯にすることはできるのか

 

ドラッグストアで歯磨き粉のコーナーを見ると、磨くだけで歯が白くなると謳っている商品はたくさんあります。ところが、実際に使ってみてもなかなか効果を実感できないという方も多いようです。

 

歯磨き粉だけで白い歯を作る事が出来ない理由は、日本の法律が原因です。ホワイトニングを行うには、歯の象牙質の色を白く変化させるのが一番早い方法です。その為の薬剤は存在するのですが、日本の法律はその成分を歯磨き粉に配合させることを禁じています。

 

アメリカではこの成分を含む歯磨き粉の販売が許可されていますが、歯科医で処方してもらって薬として購入することになります。こうした成分を含む歯磨き粉は、歯を白くすることを目的にというより、ホワイトニングによって白くなった歯を維持するために使われる方が多いようです。

 

とは言え、日本で販売されている歯を白くするという歯磨き粉を使って本当に歯が白くなったという方もいらっしゃいます。象牙質までも白くすることはできませんが、ヤニや茶渋などの表面についた汚れは取り除くことが出来るため、表面が黄ばんでしまっている方には高い効果が期待できるでしょう。

ホームホワイトニング剤の成分

現在日本で販売されているホームホワイトニング剤には、過酸化尿素が配合されています。過酸化尿素が象牙質を白くする働きがあり、これによってホワイトニング効果が得られます。

 

つまり、この成分がたくさん配合されていれば効果の実感が早まりますし、配合量が少ない場合は効果が出るまでに時間(施術する回数)がかかるという事です。とは言え、入っていればいるほど良いのかというとそういうわけでもありません。

 

一般的には、10〜21%程度の量が配合されており、これ以上の量になると歯茎にしみたり、痛みが発生してしまうようです。ホームホワイトニングを購入する場合、過酸化尿素がどのくらい配合されているのか確認しておきましょう。多すぎても少なすぎても良いとは言えない為、平均的な濃度のものがお勧めです。

 

そして、ホームホワイトニングには過酸化尿素の他に増粘剤が配合されています。過酸化尿素は液体のため、そのままでは歯に塗布した時に留まることが出来ません。その為に配合されているのが増粘剤です。また、触媒も含まれています。触媒の働きによって既に沈着している着色成分を分解することができます。

 

歯科医院で行っているホワイトニングには、過酸化水素水が配合されています。過酸化水素水も過酸化尿素と同じように歯の象牙質に働きかけることができる成分ですが、過酸化尿素よりも効果が強いのが特徴です。

 

ホームホワイトニングに過酸化水素水が使われていないのは、日本の法律がそれを薬剤として指定しているからです。医師が処方することで初めて使用ができる成分と言う事です。その為、歯科医院では過酸化水素水を採用しています。ちなみに、配合量は35%程度と言われています。

 

効果的な使い方

 

ホームホワイトニングは、正しく使用することで初めて効果が得られるものです。正しく使わないと効果が出ないだけでなく、逆に歯茎や歯を痛めてしまう場合もあるのです。歯科医院でやるよりリーズナブルとは言え、効果が出なければ全く意味がありません。ここでは、効果的にホームホワイトニングするためのコツをお話しておきます。

 

・継続して使用する

 

ホームホワイトニングはほとんどの場合1回の施術では何の変化も得られません。歯科医院で行う施術よりも成分濃度が低いため、とにかく回数を行わなければ効果が発揮しないのです。一般的には、18回程度行うことが理想とされています。数回目から徐々に歯が白くなっていくのを感じることができるでしょう。

 

・歯科医院での施術と併用する

 

より早く、より効果的にホワイトニングしたい場合は、歯科医院での施術をホームホワイトニングの併用をお勧めします。使用されている成分が違う為、併用しても問題ありません。

 

・効果が出なければ成分濃度の確認を

 

頑張って施術しているのになかなか効果が感じられないという場合、施術中の痛みや歯茎への刺激を感じない時は成分濃度を上げてみるのも手です。ホームホワイトニングに使用されているのは過酸化尿素という成分です。この成分の濃度が高ければ、効果も出やすくなります。

ホワイトニングにかかる時間

ホームホワイトニングはほとんどが睡眠中に行われます。1回のケアは、2〜6時間程度かかりますので、ライフスタイルに合わせて時間を確保して行う必要があります。2〜6時間と幅があるのは、商品によって施術を行う時間がまちまちだからです。

 

睡眠中に行えない場合や、なるべく短時間の方が良い場合はそういった商品を探してみる必要があります。1つ注意しなければならないのは、長くつけておけば効果が高いのかというとそいういうわけではないという事です。例えば2時間程度液を付着しておくという商品なのに6時間使用してしまったら、歯茎に痛みが生じたり、知覚過敏のように飲み物がしみるといった症状が表れてしまう可能性があります。

 

ホームホワイトニングに添付されている説明書をよく読み、説明書に従って使用するようにしましょう。自己判断でのケアを行うと、他に支障をきたす恐れがありますので気を付けましょう。

 

寝ている間にホワイトニングを行うという商品もありますが、寝ている間中マウスピースを装着しておかなければならない為、苦手という人もいらっしゃると思います。そういう人はなるべく短時間でできるものを選び、家事などを行っている間につけておきましょう。

 

マウスピースは口の中の違和感が大きい為苦手な方も多いようです。但し、短時間で終わるタイプのものはホワイトニング成分の濃度が高いものになります。やりすぎると歯や歯茎に影響が出たり、痛みが残ってしまうので注意が必要です。塗布時間はきちんと守らなければなりません。

 

ちなみに、ホームホワイトニングを行う場合、一日のいつ行えばよいかというのは特に関係ありません。ご自身が時間のとれる時で問題ないので、外出せずゆっくり過ごせる日に行いましょう。

 

ホームホワイトニングの期間

 

歯科でホワイトニングを受ける場合、ほとんどが1〜4回程度通って施術を行う事で終了します。日を置かずに通う事ができれば、2週間あれば完了できます。ホームホワイトニングの場合は、1ヶ月程度必要になります。

 

歯科でホームホワイトニングキットを購入する場合、まずは歯科へ出向いてカウンセリングと簡単な検査を受け、マウスピースを作る為の型をとります。次にマウスピースができあがったらそれを受け取りに再度歯科に出向きます。そこからホームケアの始まりです。

 

通販で購入する場合は予めマウスピースもセットになった商品がほとんどのため受け取りにどこかへ出向くという事はありませんが、安全に使用するためにも一度は歯科に行って歯茎や歯の状態をチェックしてもらい、ご自身に合ったマウスピースを作る事をお勧めします。歯にピッタリ合ったマウスピースであれば、成分を全体にきちんと行き届けることができます。

 

ホームホワイトニングの場合、歯科で行う施術よりも液の濃度が薄いものがほとんどです。その為、1回で劇的な効果を感じられるということはありません。何度か行う事で徐々に白くなっていきますので、1回で効果が出なかったからと言って辞めてしまわない事です。

 

ある程度回数を行わなければならないので途中で面倒になってしまう事もあるかもしれませんが、是非続けて行ってキレイな白い歯をゲットしましょう。一度やめてしまったり、きちんとホワイトニングが定着しないうちに終了してしまうとまた歯の色が元に戻ってしまう可能性もあります。なんとなく効果を感じたからやめるのではなく、説明書に書かれている回数は必ず行うようにしましょう。

ホームホワイトニングの種類と用語について

歯をホワイトニングする場合、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自身で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングのように歯科医院で行う場合は、白くる成分の濃度も高く効果を感じやすいと言われています。専門の機関で行うためアフターケアも万全ですし、その後のケアのアドバイスを受けることもできます。ホームホワイトニングはご自宅でご自身で行うホワイトニングです。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、濃度の高い薬剤を使い、その効果をより速く出すためにレーザーを当てての施術が行われます。ホームホワイトニングだとレーザーが使用できないため薬剤の塗布時間は2〜6時間程度と長いのですが、レーザーを当てることができるのでとても時間が短縮できます。

 

個人差が大きいのもホワイトニングの特徴ですが、オフィスホワイトニングであれば1回施術をしただけで歯が白くなったのを実感できると言われています。レーザーを使ったホワイトニングは、4回も通えば白いキレイな歯にすることができます。

 

ご自宅で行う場合は全て自分でやらなければなりませんが、オフィスホワイトニングであれば、気になる事は医師に質問できますし、アフターケアに関するアドバイスをもらう事もできます。その為、安心感は高いと思います。

 

デメリットとしては、ホームホワイトニングに比べるとかなり費用が高くなるという事です。歯1本あたり2,000円〜10,000円程度かかりますので、全部の歯をホワイトニングしたら10万円を超えてしまう場合もあるのです。歯科医院や施術の内容、使っている薬剤によって料金は異なりますが、一般的には上記のような費用設定がされています。

 

また、オフィスホワイトニングの方がホームホワイトニングよりも持続率が短いと言われているのです。短時間で白くすることができますが、短時間で戻ってしまうというのがデメリットです。持続性にも個人差がありますが、3〜6か月程度で元の色に戻り始めてしまいます。

 

デュアルホワイトニング

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングを合わせたものがデュアルホワイトニングです。当たり前ですが、ダブルで行えば効果の実感は早くなります。

 

ただ、やはり両方行うという事でそれなりの費用はかかりますので、ご自身の結婚式の前など、この日までにという目標があるようでしたらデュアルホワイトニングを行うと良いかもしれません。また、以下のようなお悩みを抱えている人にもデュアルホワイトニングはお勧めです。

 

・歯の黄ばみが人より強い方

 

黄ばみの感じ方は人それぞれなので、自分では黄ばみが強いと思っていても人から見ると全然キレイだよという場合もあるかもしれませんが、もし黄ばみが強いと感じている人はデュアルホワイトニングがお勧めです。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは、実際に白くするために配合されている成分が違います。その為、どちらも行うことはダブルで行うというよりは、2つの方法を1回で行う事になりますので、早い効果が期待できます。

 

・歯科医院によってはディアルホワイトニングのコースがある

 

ホワイトニングをしたくて歯科医院を訪れると、たくさんのコースがある場合があります。その中にデュアルホワイトニングがある場合も少なくありません。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを行う事で、どちらか一方を行うよりも両方行う事で単体の価格よりも安く受けられる場合があります。料金設定は各歯科医院によって違いますので、気になる方は問合せしてみてください。

ドメイン